キャッシング・カードローン

転職で発生した収入の谷間にキャッシングを利用。

転職した時に以前と次の会社のそれぞれの給料受け取りのタイミングが合わず、収入が途切れることになってしまい、当座の生活費のつなぎにキャッシングを利用したことがあります。

 

すでに新しい職場で働き始めていましたので収入源の確保は出来ていたので安心してキャッシングすることが出来ました。

 

返済はリボルビング払いを選択し、一度に返済の負担がのしかからないように配慮しました。生活費の補填なので特に決まった用途があるわけでなく、また現金で手元にお金が欲しかったので都合よく利用できるのがカードのキャッシングでした。

 

限度額にはほど遠い少額での借入でしたが、手続きはネットで簡単にすることが出来て口座への入金も当日中に行われてとても心強く感じたものです。

 

自分が利用したカードキャッシングではリボルビング払いであっても早期返済が可能だったので、ボーナスがもらえた段階で残っていた残高を精算することが出来ました。

 

生活資金の管理が出来ていなかったところは大いに反省しなければなりませんが、こうしてキャッシングが利用できるようにしておいたことは我ながら良かったと思います。

 

いざという時がいつやって来るかわかりません。保険としてキャッシングを利用できる環境を整えておくことは必要だと思います。

 

 

初めてのキャッシング

 

初めてのキャッシングは学生の時です。

 

アルバイトの給料の振り込みが遅れてしまったために、学費の納入期限に間に合わなくなってしまい、たまたま持っていたクレジットカードにキャッシング枠がある事を知り、キャッシングをしました。

 

アルバイト代が入ればすぐに返済出来るので、当時は何も考えず、とにかく学費が間に合って良かったと思ったものです。

 

その後無事にアルバイト代の銀行口座に振り込まれたので、そのお金で返済をする事になるのですが、最初はよく分からずキャッシングをしていたので返済に苦労をする事になります。

 

それは、リボ払いを選んでいたと言う事です。全額まとめて返済をしようとも思ったのですが良く分からず、言われるがままにリボ払いを続ける事になってしまいました。今考えると、これは大変もったいない事なのです。

 

リボ払いにすると、利息がかかりますので、手元にお金がない時は便利なのですが、手元にお金があるのにリボ払いを続けると言うのは利息を無駄に払い続けていると言う事なのですから。

 

こういった事があったので、その後はしっかりと勉強をして、その時その時の経済状況合わせてキャッシングと付き合うようになりました。リボ払いと一括払いの使い分けは大事なものですね。

 

 

【キャッシングに関して参考になるサイト】

 

個人事業主のローン・・・個人事業主の方が利用できるローンを紹介

 

主婦ローン・・・主婦の方でも利用することが出来るローンを集めて紹介しています。